儲かる人と儲からない人の違い

 
トップページ > 外国為替取引の基礎知識 > 儲かる人と儲からない人の違い

儲かる人と儲からない人の違い

スポンサード リンク

儲からない投資家の特徴として、リスクとリターンの関係をきちんと把握してないことが挙げられます。

そして儲からない投資家は、損失が出るのを怖がって、少しでも差益が出るとすぐに利食いに走り、少ない利益を確定させてしまします。

しかしプロや儲かる人は、少しの差益が出てもポジションを上乗せしていき、相場が反転して差損が生じたら損切りで損失を抑え、当たった時には大きな利益を出すため、勝率は低くてもトータルで大きな利益を生み出しているのです。

また為替取引を行うと、ポジションを持った時から予想が外れた場合の不安が始まり、予想通りに相場が進んで為替差益が出ると、今度は欲との戦いになります。

さらにポジションを持っていない時は、不満が生じてきます。

しかし投資では戦略を立てた上で、どこでリスクを取り、どこで勝負に行くかを明確にしておくことが大切です。