デイトレード

 
トップページ > 外国為替取引の基礎知識 > デイトレード

デイトレード

スポンサード リンク

デイトレードとは、その日に成立した新規の注文を、ニューヨーク市場が終わるまでに決済することをいい、ニューヨーク市場のクローズは日本の午前7時にあたります。

またデイトレードでは、反対売買で決済する際の仕切り手数料が無料となり、掛かるのは新規注文の際の手数料だけとなって、手数料が半額になります。

またインターネット業者も、半額であることを全面に押し出してデイトレードを推奨していますが、デイトレードで利益を出している人は、非常に少ないのが現実です。

なぜならデイトレードで少しでも利益を上げると、明日になれば手数料が上がると考え、今日中に決済してしまいますが、損失が出ている場合は今日中に切ると損失が確定するので、持ったままにしてしまうからです。

そのためデイトレードでは、儲けている時の利幅は小さく、損失は拡大していき、小さく儲けて大きく損するという最悪のパターンに陥りやすいのです。

そのためデイトレードよりは、中期的なポジションを取って利幅を稼ぐことが、大きな利益をもたらすことに繋がります。